庭球部の歴史 | 早稲田大学庭球部の公式ホームページです。

早稲田大学庭球部

 

庭球部について

庭球部について

庭球部の歴史

早稲田大学庭球部は、1902年に創部された伝統ある部です。
そんな庭球部の歴史・伝統・記録を、ここでは厳選してお届けします。

庭球部の歴史

庭球部の歴史

早稲田スポーツ百周年記念誌より抜粋

(発行 早稲田大学体育局 編集 早稲田スポーツ百周年記念誌編集委員会)

*一部見づらい箇所があります。随時改良していきますのでご了承下さい。

早慶戦の歴史

早慶戦は、大学テニスの対抗戦において最も輝かしい歴史と伝統を誇り、現在の大学リーグ戦の原型にもなっている。
1904年(明治37年)10月29日三田山上にて軟球で第1回の早慶試合が行われたが、現在の早慶対抗庭球試合の形式で開催されたのは大正13年春であった。
なお、高師高商の庭球部は1898(明治31年)11月に最初の対抗試合を開始している。
以後、日本を代表する名選手を輩出した両校が、全身全霊をかけた大熱戦を繰り広げた。
誇り高き両校選手の激突はしばしば死闘と名勝負を生んだ。中には極度の緊張のあまり普段の実力を全く発揮できない選手もいたが、むしろ普段の個人戦では想像もできないような奇跡的な底力を発揮し、手に汗握る熱戦が繰り広げられた。

以下、早慶戦パンフレット(1996年秋)より引用―

「現役で8回早慶戦を戦い、卒業後も殆ど欠かさずに後輩の戦い振りを見てきて感ずることは、早慶戦が他のテニスの試合と違うということだ。 春はリーグ戦の中の一つの対抗戦であるのに他校との戦いとは違う。秋は男子は多くのドラマを生んだ伝統的な5セットマッチであり、準備の日数もあり、また独立した落ち着いた雰囲気で試合ができ、その点はデヴィスカップと同じはずなのに、デ杯とは又感じが全く異なる。デ杯はティームが少人数で短い期間だけ集まって戦うのに対し、早慶戦は選手も選手以外も全部員が一年を通じて楽しみも苦しみも共にし、生活の大半の時間を一緒に過ごして一丸となって自分達の存在を表現する場であるからだろう。 勝った負けただけのテニスであればその経験は時間と共に風化してしまうが、早慶戦は共に汗と涙を流したティームメイトとも、また、敵愾心を燃やして戦った相手とも、生涯を通じての友情を育ててくれる。 今年も早慶戦の歴史に残るような熱戦を期待する。」

(宮城 淳 昭和28年卒 全米ダブルス優勝)

 

早慶戦の勝敗表 男子早慶戦勝敗表 女子早慶戦勝敗表

この一球

規

この一球は絶対無二の一球なり
されば身心を挙げて一打すべし
この一球一打に技を磨き体力を鍛へ
精神力を養ふべきなり
この一打に今の自己を発揮すべし
これを庭球する心といふ

 

【解説】
テニスプレーヤーの間であまりにも有名なこの名文はOBの福田雅之助が部に贈ったものである。現在も部室には額にいれた直筆の全文が飾られている。早稲田の選手のみならず幾多のテニスプレーヤーがこの言葉に感銘を受け勇気付けられた。早稲田の選手ではない松岡修造選手もウィンブルドンでマッチポイントを握った場面で「この一球は絶対無二の一球なり」と叫んでサービスを放ちベスト8進出を決めた。

福田雅之助は1919年卒業、1922年第一回全日本選手権大会で優勝。1923 年~25年の間デ杯代表選手となる。1924年にはウィンブルドン大会とオリンピック・パリ大会に出場。海外遠征の研究成果としてイースタングリップを日 本に導入し、著書も多数残し、日本のテニスの発展に大きく貢献した。

福田雅之助から直筆で「この一球」を受け取り家宝にしているOBも多い。

 

 

本気な人間になれ
福田 雅之助

君達は早稲田の校風を慕って、早稲田に入学した学生であるから勉学が第一である。そして好きなテニスをするために、庭球部に入った志を持った、同じ庭球好きな人達の集りである。皆庭球の熱愛者である。選手はピラミッドの頂点であり、部員はその土台を築いているのだ。その土台の多数の部員が、頂点の選手を支持しているのだ。従って下積みの多くの部員がいなくては、強い選手は出てこない。選手は部員の下積みの苦労に感謝し、部員は選手を盛り上げる努力を喜んですべきである。ここに団結が生れる。

従って上級生は下級生を思いやり、下級生は上級生を敬い、同僚は互いに親しみ励まし合う、ここに和の結合が生れる。左手が右手に従い、手足が一つの動作に従うように、協力し協心してより強い庭球部を造るのが、部員のモットーである。部則には欣然として順う。徒らに批評したりしないで、まず従順で自分の務めをしっかり行うべきである。

君達は早稲田に入った時は、素直に熱心にテニスしようと心を決したことだろう。その素直な心と純真な心を忘れないようにして欲しい。一年を過ぎると入学当初の純な心を忘れ勝ちになる。二年目に危機が訪れる。部生活にも馴れてきて、心に油断が生れる。この時テニスを忘れて、脇道に外れやすい。四年間熱心にテニス一筋にやれば、教室で得られない教訓を体得出来る。「初心忘るべからず」

庭球部にはロール引き、ライン引き、コートの水撒きなどという仕事がある。一年生は皆この仕事をしてきたのである。嫌なつまらぬことだと思うかも知れない。これは長年に亘って続けられてきた、尊い訓練である。これを怠って得をしたと思ったら、間違いだ。その怠けは逆に大きな損である。世界的の大選手になった、故佐藤次郎も忠実にこれらをやっていた。忍耐力と辛抱心の試練がそこにあるのだ。自分の責任を喜んで果すことが、庭球部員の資格である。つまらぬことと思わず、喜んで進んでやる心があれば、嫌でなくなる。つまらぬと思ったりするから、つまらぬことになるのだ。小事を大切にして、進んでやることで、小事が大事となるのである。一たびコートに立ったら、なんでもいつでも本気でやれ。球拾いをしていても、その球拾いを忠実に本気でやれ。本気でやれば、そのコートのプレーをよく見ることになる。サーバーがどっちだったかと、判らぬようなうっかりした球拾いをしていてはいけない。そのコートのプレーをよく見ていなければ、いい球拾いはできない。

両プレーヤーをよく見ていれば、両プレーヤーの動きが判る。向うのプレーヤーが、どこに打とうとしているかが判るようになる。こちらのプレーヤーがどう動くか考える。どうしてあんなつまらぬエラーをするかと、自分に判るようになれば進歩である。そして自分もあんなエラーをしないようにする。他人のテニスを見なければ、テニスは進歩しないというのはそこにある。球拾いを本気でやればよい経験を得る。球拾いもコートを走ることも、体操も本気でやって自分のものにせよ。

テニスは生やさしいスポーツではない。あの球をラケットの真中で、いつも打てるようになるには、時と努力がいる。ある球の返球は、相手コートのある場所に、ぴったり打てるようになるのは、容易なことではない。


一球に精神と動作を集中し、一打に全精力を集中せよ。君達は確信を持って、一打しているだろうか。半信半疑で球を打っていないだろうか。自信を持って、しっかり球を打てるまで、精進努力し実力をつけるまで、練磨すべきである。

テニスは平生が肝心である。平生いい加減な練習をしていては。いざ試合となった時、自分の力を十分発揮することはできない。練習即試合である。この心掛けでなければ、いい試合はできない。平生どんな練習をしているかが、自ら試合に現れる。試合になってあわてても遅い。

だから平生の練習をいつも、ベストを尽くしてやるように心掛けよ。そうすれば試合に自分の力が現れる。平生しっかりとした練習をしていなければ、立派な試合は出来ない。試合を恐れず上らず無心で、ベストを尽せるようになるには平生の練習を試合と心得て、いつもベストを尽してやるべきである。テニスに徹すれば、そこに哲学もあれば禅もある。

テニスは巧くなり強くなることを目指すのはいうまでもない。テニスは巧い球を打って、試合に勝つことだけではない。テニスの大きな目的の一つは、フェアプレーをしスポーツマンシップを発揮することにある。そこに勝敗を越えた「グッド ルーザー」の所以がある。これが本当の眼目だと思う。

だからコートマナーを立派にすべきだ。徒らに判定に対して不服な態度を取るな。判定は審判がするので、自分がするのではないエラーにして怒って、ボールを叩きつけたり、打ち飛ばしたりするのは悪いマナーだ。自制心のない証拠である。テニス眼のある人に笑われるだけである。

時間を厳守して決し遅刻しないようにする。止むを得ず棄権する時は、必ず通知して無断で棄権しないようにする。君達は必ず庭球規則を知っておいて、規則に従ってプレーするよう努力せよ。ラインを踏んでサーブするようなことは、規則違反である。フェアプレーの精神に反する。テニスはフェアプレーの立場において、行われるのだ。ケイレンを起して休んで、プレーできると思ってはいけない。プレーは継続すべきである。ケイレンを起したことは、既に体力的に負けているのである。試合は技術だけで戦わすのではなく、体力もそれに含まれているのだ。このことを忘れるな。

スタンドにおいての拍手は、自他にかかわらず、“グッドショット”にのみすべきである。度を越えた応援は醜態である。君達は平生の練習で、インとアウトを正直に判定するようにせよ。こんなことは 瑣細のようだが、これはフェアプレーの大きな問題につながり、大事なことなのである。

要するに君達は、フェアプレーを体得した立派なテニスプレーヤーになることだ。テニスを通じて、本気な人間になることだ。いい人間がいいテニスを生むと私は思う。コート上でもコート外でも立派なスポーツマンに、君達にはなってほしい。

稲門テニス倶楽部 会員専用ページへ

フェイスブックページへ

公式ブログはこちら

早稲田大学

庭球部へのご支援をお考えの皆様へ